スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←【燭一】酒の席での大嵐(燭台切ver) →【燭一】嫉妬はほどほどに
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



もくじ  3kaku_s_L.png ■ 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 【必読】About
総もくじ  3kaku_s_L.png ■ 刀剣乱舞 短編
総もくじ  3kaku_s_L.png ■ 刀剣乱舞 長編
総もくじ  3kaku_s_L.png ■ 戦国無双
もくじ  3kaku_s_L.png ■ オフライン
【【燭一】酒の席での大嵐(燭台切ver)】へ  【【燭一】嫉妬はほどほどに】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

「■ 刀剣乱舞 短編」
▼ 燭一

【燭一】酒の席での大嵐(一期ver)

 ←【燭一】酒の席での大嵐(燭台切ver) →【燭一】嫉妬はほどほどに


本丸の広間でまたも行われる、慰安会という名の宴会。
それほど苦戦しなかった戦が続いたのだが、いつものように盛大に騒ぐ宴会だ。
飲める者は多いせいか、酒が物凄い勢いで消費されている。
まだ酒の飲めない短刀達もいるので、料理も趣向を凝らしたモノが多く短刀達も楽しんでいるようだ。
宴も時間が経ち、夜も更けてきたので短刀達は早々にご就寝。
これからは、大人の時間だ。

つくづく、宴好きな人たちだと一期は思う。
宴が嫌いという訳ではないが、やはりこの宴には慣れそうもなかった。
この慰安会は審神者が元々企画したものらしい。
いつも戦い続けで心身ともに疲労する刀達に、少しでも楽しんで貰いたいから。
そう、優しい笑顔で言ってくれた審神者。
主の気持ちを聞いている以上、楽しくないようにしていたら失礼だ。
ゆっくりと酒を飲む。
なんだか前にも似たような光景を見たなぁ、なんて思いながら。
ふいに目の前に酒を置かれた。
振動が中の酒に伝わって、少し零れる。

「……?」

一体何事かと顔をあげたら、そこには随分酔っている様子の和泉守兼定と、次郎太刀。
嫌な予感がする。

「一期の旦那、あんまり酒が進んでねぇな」
「え~、折角美味しいお酒なのにもったいないじゃない!ほらほら、ぐいっといっちゃいなよ!」
「はい?」

まさか、とか思いつつも、聞き返さずにはいられなかった。
絡み酒。タチが悪すぎる。

「そうそう!一期さんは宴じゃ殆ど酒を飲んでないよね!」
「あはは、一度は限界を知っといたほうがいいと思うよ~」

いつもは仲が悪い沖田刀の双刀である、大和守安定と加州清光もスイッチが入ったようで一期に近寄ってきた。
どちらもすでに酔っているらしく、かなり顔が赤い。
一期は一つため息をついて、何とか説得を試みる。

「あのですね、私は酒に強くないので……。あまり沢山飲むと悪酔いしてしまうんです」
「沢山?大丈夫大丈夫!自分の配分で飲めばそんなに悪酔いしないって!」
「ゆっくり飲めば大丈夫でしょ~」

そういう問題ではない。というかこちらの話を全く聞いていない。
飲め飲め、と一期の周りが盛り上がるものだから、全体まで一緒に盛り上がってしまった。
これは飲まないと怒られてしまいそうである。しかし飲みたくないものは飲みたくない。
一期はふとある人物を見た。
一期一振とは恋人関係である燭台切光忠。

少し離れた所で、審神者と飲んでいた燭台切と目が合う。
一期が困ったような表情を浮かべていることに気がついたようだが、燭台切は軽く微笑して手にした杯を煽るだけ。
審神者の青年も、にっこりと笑って「大丈夫、自分のペースで飲んでいいから」と言う始末。
一期は最後の望みだった燭台切と審神者が助けてくれないことに溜息を吐く。
そして、覚悟を決めて机に置かれた杯を手に持った。

「……どうなっても知りませんからね」

ぽつんと一期は呟いて、一気に杯を煽った。
しかも、注がれていた酒の量はかなり多かった。
一期のその行動に周囲はどよめいた。当然だろう、一期はこんな風に皆の前で酒を飲んだことはないのだから。
かたん、と杯が机に置かれ、一期は俯いたまま動かない。
どよめきが、一期の様子を伺うものに変わってきた。
燭台切がすっと、一期の傍までやって来た。どうやら心配になったらしい。

「……一期くん?」

そっと肩を揺らして尋ねると、一期がふいっと顔をあげた。
瞳は潤んでいて、頬は薔薇のように赤い。
……これは酔っている。
一期の様子に、周囲は再びどよめいた。しかし次の一期の言葉に全員が固まる。

「あの、燭台切さん……」
「ん?」
「口付け……してくれませんか?」
「は?」

酷く扇情的な潤んだ瞳でそう強請られ、燭台切は目に見えて狼狽した。
人前でそんなことをすると、普段の一期なら絶対に嫌がるのに。

「(酒は……厄介かもしれないね)」

燭台切がそう思いながら返答を出来ないでいると、一期がふいっと横を向いた。
その瞳は、悲しそうに揺らめいている。
酷く扇情的な光景に、思わず燭台切はごくりと息を呑んだ。

「燭台切さん……駄目、ですか……?」
「あ、え、いや……。駄目、じゃないけど……」

なんと答えたものか、と困っていると一期がとんでもないことを口走った。

「燭台切さんがしてくれないなら……、他の方にして貰います……」
「え?!」

(色々な意味で)固まっていた周囲が急に活気を取り戻した。
酔った勢いなのか俺が私が僕がと口々に言い始める。

「うん、一期おいで。光忠がしてくれないなら僕がやってあげる~」
「主さま……」
「おおっ、こりゃ見目麗しい二人なら絵になるねぇ」

酔った審神者の青年も悪ノリなのか、笑顔で一期を呼ぶ始末。
やんややんやと騒ぐ周囲。焦ったのは燭台切である。
大事な恋人に、別の人が口付けるなんて許せる筈がない。
それは、自分の主である審神者の青年であっても……だ。
一期が若干ふらふらした足取りで燭台切の傍を離れ、審神者の元へ向かう。
間違いなく酒の影響なのだが、今の一期は非常に艶っぽい。
このまま放っておけば、別の意味で絶対大変なことが起こるに違いない。
燭台切は慌てて一期を追い、姫抱きで抱きかかえると広間を出る。
途端に周囲から溢れる不満の声を軽く聞き流すと、すれ違った堀川国広が呟いた。

「ここは任せて下さい」

燭台切と一期が恋人関係である事を、堀川は知っている。
燭台切も、堀川と薬研が恋人関係である事を知っている。
二組とも仲が良く、互いの恋路を応援しているのだ。
振り返ると、堀川がニコニコしながら手を振っていた。

燭台切が一期を抱えて出たのを見計らい、堀川が広間の襖をぱたんと閉める。
と、すぐに不満の声が聞こえなくなった。
襖が特別に厚いわけではない。堀川が何かしたのだ。

「(堀川くん……。何をしたんだろう……)」

一瞬恐ろしい光景が脳裏を過ぎた。いや、まさかそんな。
燭台切は見えるはずもないけれど堀川に軽く頭を下げ、今度はゆっくりと歩き出した。
やれやれと盛大に溜息を吐くと、腕の中の一期が息苦しそうに呻いた。
このまま吐かれても困る。

「(とりあえず一期くんを休ませないと……)」

ここからなら水場は近い。
出来る限り刺激しないように一期を抱えたまま、とりあえず水を飲ませようと水場へ急いだ。
水場は、本丸と比べてひんやりとした空気が流れている。
酒で酔った体を冷ますにはちょうど良いかもしれない。
水を汲んで、一期に渡そうと燭台切は振り返る。
けれど燭台切は固まった。思ってもない行動をとられたのだ。
普段一期はきっちりと服を着ている。自分もそうだが、他の刀達は着崩してきている者もいる。
けれど酒の影響で暑いのか、首元を開け始めたのだ。
普段は見えない白い首元から覗く鎖骨がやけに目を引く。
しかも一期の白い肌は酒の影響で薄らと桜色に色付き、頬も赤く染まっている。
……まるで、情事の時のようだ。
燭台切はその場で一期を押し倒したい衝動に駆られたが、理性を総動員させ部屋へと向かった。

自室に戻り、襖を閉め、陸遜を畳の上に降ろす。
首にまわされた手が離れない。
燭台切はまぁここなら自室だし、遠慮しなくていいかと思いそっと一期に覆い被さった。

「酒が入ると大胆だね……、一期くん」

散々煽られたのだ。今回はたっぷりと楽しませて貰おう。

「燭台切さん……」
「どうしたの?……言ってくれないと、分からないよ?」

わざと煽るように、その細い腰を撫でる。
腰から太腿に指を滑らせると、一期から熱い吐息が漏れた。

「一期くん……、どうして欲しいの?」
「……燭台切さんが……、欲しい……」

潤んだ瞳、桜色に染まった肌、薄く開いた口唇。
欲しい、と首に回された手の力が強くなる。

「ふふ、よく出来ました」
「んっ……」

口付けをすると、嬉しそうに答えてくれる。
こんな大胆な一期が見れるなら、酒はアリかもしれない。

「(だけど、それは二人きりの時限定……かな)」

今度からの宴の時は、しっかりと見張っていようと燭台切は思った。




 そして翌日。

「う……ぅ~ん……っ…!」

一期はゆっくりと体を起こした。なんだか酷く頭が痛い。
そして、腰も。

「痛た……あれ……?」

部屋を見渡すと、いつもと違う風景だった。
この部屋は燭台切の部屋だ。それに、布団で眠っていた。
おかしいな、なんて思っているとすぐ後ろから声をかけられた。

「おはよう、一期くん」
「え?あ……燭台切さん?」

何故か燭台切がいた。しかも同じ布団で眠っていた。
一期は首を傾げる。しかし、昨日は燭台切の部屋に来た覚えが無い。
覚えているのは、宴の時に酒を飲めと言われて飲んだ所までだ。

「……あの、燭台切さん。どうして、私は燭台切さんの部屋にいるんですか?」
「……覚えてないのかい?」
「はい……」
「……一期くん」
「何ですか?」
「今度から……酒は、強要されても飲まないでね」
「は?」

覚えていない一期は、何故そんなことを言われるのかわからず再び首を傾げた。
燭台切は小さく苦笑して、そっと一期に口付けた。

「……燭台切さん、私、もしかして何かしたんですか……?」
「何かというか、うん。色々あったけど、とりあえずご馳走様」
「え、ちょ……」
「今日はゆっくりしていいよ。無理させちゃったからね」

普段とは違う綺麗で可愛い一期くんが見れたよ、と艶を含んだ声で言うと彼はすぐにその意味を理解したらしい。
ボンっと音がしそうな程一気に真っ赤になる。
そんな一期の反応を見て、燭台切は「可愛いなぁ」と嬉しそうに言いながらそっと口付けた。



教訓『酒は飲んでも呑まれるな』



* 終 *




 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png ■ 刀剣乱舞 短編
総もくじ 3kaku_s_L.png ■ 刀剣乱舞 長編
総もくじ 3kaku_s_L.png ■ 戦国無双
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ■ 【必読】About
総もくじ  3kaku_s_L.png ■ 刀剣乱舞 短編
総もくじ  3kaku_s_L.png ■ 刀剣乱舞 長編
総もくじ  3kaku_s_L.png ■ 戦国無双
もくじ  3kaku_s_L.png ■ オフライン
【【燭一】酒の席での大嵐(燭台切ver)】へ  【【燭一】嫉妬はほどほどに】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【【燭一】酒の席での大嵐(燭台切ver)】へ
  • 【【燭一】嫉妬はほどほどに】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。